新型コロナウイルスNタンパク質抗原定量検査と核酸PCR検査の臨床的な役割


新型コロナウイルスNタンパク質抗原定量検査と核酸PCR検査の臨床的な役割

新型コロナウイルスNタンパク質抗原定量検査 核酸PCR検査 臨床的 役割

ウィルスの増殖の過程は次の通りです。ウィルスが健康な細胞に侵入した後、ウイルスRNAが健康な細胞の元のDNAに置き換わり、合成ウイルスに必要な各種の蛋白質(抗原)を大量に発現し始め、同時に大量の新しいウィルスRNAも増殖します。
十分な量の蛋白質(抗原)が発現すると(通常ウィルスの数の1万倍以上)、ウイルスの完全なタンパク質構造が組み立てられ、次に新たに増幅されたウイルスRNAが巻き付けれれて、新しいウイルスが生成されます。
核酸PCR検査とNタンパク質抗原定量検査はどちらも病原体の直接検出であり、どちらも初期の急性期に使用できます。
違いは、核酸PCR検査はウィルス上のRNAを検出し、各ウィルスには一つのRNAが対応するため、核酸検査では実際にそのサンプル採取時のウイルスの相対量を測定していますが、サンプル採取時のウィルス増殖の活性状態を確認することはできません。
Nタンパク質抗原定量検査はサンプル採取時のウィルスの特定の抗原の数量を測定し、それにより患者であると判定できますが、抗原濃度とウイルス個数は必ずしも固定比例関係にはならず、ウィルスの拡散能力が強いほど特定の抗原を発現する能力が強いです。そのため、抗原濃度はウイルス濃度やウイルス増殖の能力に関係しています。したがって、Nタンパク質抗原定量検査は感染の有無以外に、治療とリハビリの過程での検出にも適用できます。
完治の判断をする際に、ウイルス量がPCRでは検出できない数量まで減少したとしても、同時に抗原濃度も減少している必要があります。
抗原濃度が減少していない場合は、少量のウイルスが依然として多数の特定の抗原を合成している可能性があり、ウイルスの増殖活性が強いことを示しています。
これはこの患者がいったん治療をやめたら、病気がリバウンドする可能性が高いということを示しています。したがって、抗原定量検査は感染の有無、ウイルスの活性及び治療の予後、リバウンド防止にとって非常に重要な意義があります。

簡単な例を挙げます。倉庫で労働者達が荷物を運んでいます。労働者の数を計算しても運搬された荷物の数量(労働力)を計算しても倉庫が動いていることを証明できます。この場合の労働者の数は核酸PCR検査で検出されるウイルス量を指し、運ばれた荷物の数量(労働力)はNタンパク質抗原定量検査で検出される抗原濃度を指します。
これは、核酸PCR検査でもNタンパク質抗原定量検査でも感染の有無を証明できるということです。更に運ばれた荷物の数量(労働力)を監視することは倉庫の運営計画に対する重要なパラメータになります。つまりウィルスの活性を観察することは、治療の大きな指針となります。

以下は実際に我々が中国で臨床を行った結果です。
臨床試験の過程において、我々は患者を2組に分けました。

臨床内容 臨床結果
第一グループ 抗原定量検査と核酸PCR検査を併用 抗原定量検査2回の陰性と核酸PCR検査2回の陰性になって退院 退院後も健康状態を維持、死亡者無し
第二グループ 核酸PCR検査のみ 核酸PCR検査2回の陰性により退院 10%が陽性(核酸PCR検査の偽陰性)だったことが判明、その内の数人が退院後数日で死亡、コロナウィルスでの死亡の特徴と合致。
トップへ戻る